医療について

患者の健康と福利のために働く医療通訳士

医療は患者の健康と福利のために提供されるものですが、健康とは身体的、精神的だけでなく社会的にも良好状態であることです。
単に病気であることや、あるいは虚弱ではないということだけでなく、健康の概念には患者が持っている歴史的背景や生活習慣、価値観や現在の社会経済的状況と深く関係していて、ひとりひとりが抱く健康観は異なります。
また、患者が望む健康観や幸福と利益の実現のために医療は提供されます。
そのためには、医師や看護師などと患者がお互いに理解しあい、信頼関係を築いて、目的に向かって協力することが必要です。
病院側も患者の考えや要望を理解して、患者も治療方針を正確に理解していなければ共に治療を進めていくことはできません。
このように互いを理解するためのコミュニケーションが非常に重要であり、この目的のために医療通訳士は自らの持つ技術や知識、経験を最大限に活用することが大事です。
その姿勢が多くの人に専門職として認識されるきっかけとなります。