患者の健康と福利のために働く医療通訳士

医療は患者の健康と福利のために提供されるものですが、健康とは身体的、精神的だけでなく社会的にも良好状

医療通訳士の守秘義務の範囲はどこまでか

守秘義務は医療通訳にとって最も基本的で重要な倫理項目となります。
これを守ることで患者の医療従

医療という特殊現場に見合った専門性をについて

医療通訳の対象は医師や看護師などの医療従事者と患者やその家族です。
患者とは在住外国人や訪日外国人など日本語を第一言語としない人々や、聴覚障害者やコミュニケーションに障害を持っている人も含まれます。
また、健康であっても医療的サービスを受ける人も対象です。
ことばを繋いでいくだけでなく、文化の違いについても医療通訳士は対応します。
たとえば、患者が日常生活レベルの日本語ができても、日本の制度や専門用語がわからず、詳しく聞くために通訳が必要だという人や、医師や看護師などが患者の文化や宗教を知らずにうまくコミュニケーションできていない場合なども対象です。
医療通訳は多様な文化や背景を持った人々と、医師や看護師などに対してコミュニケーションの支援をしていくことになります。
コミュニケーションの支援とは、ことばとことばを繋いでいき、対象者の背景を加味した文化の翻訳を行い、さらに安心して発言できる環境づくりをすることです。
専門職としてこの作業を行い、それに伴い特化した専門性を身につけることが重要になります。

健診システムなら株式会社アルファインターナショナル>>>http://www.alpha-inter.co.jp/

どなたでも入りやすい院作り

佐野市のホームドクター

腰に特化した治療法があるhttp://rashindo-kawasaki.jp/は多数の雑誌に紹介されています。

法人向け出張撮影

について